忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月曜日が休みだと曜日の感覚が変になっちゃうな。
今週は1日ズレちゃってる感じがする。

何の本の紹介をしようかな、と毎週悩むのって楽しい。
平素お世話になっている美容室で
「何か漫画で店に置くのにオススメない?」と聞かれたので
数作品オススメさせていただいた。
その内の1作品を紹介しようと思う。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
王様の仕立て屋 1 ~サルト・フィニート~


著者:大河原 遁
出版社:集英社


ナポリ中の“究めし職人"から“ミケランジェロ"と賞賛された
伝説の名仕立て屋が、唯一認めた弟子である日本人、
イタリア・ナポリの泥棒市に住む 織部 悠が主人公。

公の場での紳士服がらみのトラブルを抱えた
様々な依頼人の難しい注文をこなしつつ、
受け継いだ至巧の技や、服飾の文化や決まりごとの解説を交えて
彼らを取り巻く問題をも解決していく人間ドラマ。

巻が進むと長編がでてくるが、基本的に1話完結で読みやすい。
服飾の決まりごとは知っていれば、
フォーマルな場に出なくてはならない時に
余計な恥をかかなくて済む。


多くの日本人サラリーマンにとって
スーツに対しては”仕事着”くらいにしか感じていない。
それを見ている子供としては、
父親のスーツ姿は イマイチ格好良くない(イケメンパパさんは除く)。

でも、シャツやラペル、ネクタイだけでも
ちょっと気を使って手を入れるだけで
スーツ姿が格好良く見えてくるのは目から鱗が溢れて落ちんばかり。

なんというか、日本のお父さんに読んでもらいたい、と
心から思う。
スーツ姿が格好いいお父さんは子供心に自慢になります。


そう思ったので、美容室の店長さんにオススメしておきました。

何度も何度も読み返せるぐらい面白い。
1・2巻読んでみてください。
たぶん、次の日ぐらいに10巻まで買いに走ること請け合いだから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.22No.21No.20No.19No.18No.17No.16No.15
Pixiv投稿イラスト
プロフィール
HN:
芹沢人参
性別:
男性
自己紹介:
ゲーム会社所属。
開発のひと段落した時に気ままに楽描きしております。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
最新記事
(10/07)
(09/05)
(07/17)
(07/09)
(06/25)
最新TB
バーコード
最古記事
P R