忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ようやく一息つけたので背景の習作。
今回は波の表現を試行錯誤中。

ちょっと上手くいった感じがするので、
もう何枚か描いて自分の味にしていきたい。

なんとなく作業中の画面を変えたくなかったので、
液晶タブレットで描いていた絵を写メ。
デジタル絵なのですけれど画像の荒さもあって、
アナログで描いた風に見えますね。
コレはコレで面白い。
覚えておいて、何かに使おう。

拍手

PR

バタバタしておりました。

具体的には仕事が忙しかったり、
スマートフォン買ったので習熟に時間を使っていたり、
Facebookはじめたり、映画三昧だったり、
犬のブリーダーさんを色々と回ったり。

そんなわけで本日より家族が増えました。
 
まだ生後1ヶ月。
ディ・モールト 可愛い。
私は親バカになるぞォォォ


名前は「大和」。
家族に大きな和をかもして欲しいという思いを込めて。

拍手

月曜日が休みだと曜日の感覚が変になっちゃうな。
今週は1日ズレちゃってる感じがする。

何の本の紹介をしようかな、と毎週悩むのって楽しい。
平素お世話になっている美容室で
「何か漫画で店に置くのにオススメない?」と聞かれたので
数作品オススメさせていただいた。
その内の1作品を紹介しようと思う。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
王様の仕立て屋 1 ~サルト・フィニート~


著者:大河原 遁
出版社:集英社


ナポリ中の“究めし職人"から“ミケランジェロ"と賞賛された
伝説の名仕立て屋が、唯一認めた弟子である日本人、
イタリア・ナポリの泥棒市に住む 織部 悠が主人公。

公の場での紳士服がらみのトラブルを抱えた
様々な依頼人の難しい注文をこなしつつ、
受け継いだ至巧の技や、服飾の文化や決まりごとの解説を交えて
彼らを取り巻く問題をも解決していく人間ドラマ。

巻が進むと長編がでてくるが、基本的に1話完結で読みやすい。
服飾の決まりごとは知っていれば、
フォーマルな場に出なくてはならない時に
余計な恥をかかなくて済む。


多くの日本人サラリーマンにとって
スーツに対しては”仕事着”くらいにしか感じていない。
それを見ている子供としては、
父親のスーツ姿は イマイチ格好良くない(イケメンパパさんは除く)。

でも、シャツやラペル、ネクタイだけでも
ちょっと気を使って手を入れるだけで
スーツ姿が格好良く見えてくるのは目から鱗が溢れて落ちんばかり。

なんというか、日本のお父さんに読んでもらいたい、と
心から思う。
スーツ姿が格好いいお父さんは子供心に自慢になります。


そう思ったので、美容室の店長さんにオススメしておきました。

何度も何度も読み返せるぐらい面白い。
1・2巻読んでみてください。
たぶん、次の日ぐらいに10巻まで買いに走ること請け合いだから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

拍手

ウッカリとブログ更新忘れてしまうほどに
「ガンダムブレイカー」と「地球防衛軍4(360版)」に夢中です。
久しぶりに就寝を忘れて遊んでます。
友達とバカ騒ぎできるゲームは めっさ楽しいですね。

特に「地球防衛軍4」は
「E・D・F!」とチャットで叫ぶと 知らない人も叫び出し、
暫く遊べば皆友達、という感じ。
素敵だなぁ、このタイトル。
こういう愛され方をするタイトルに作る側として関われたら幸せだろうな。


「ガンダムブレイカー」はプラモデルで遊ぶ楽しさの
魅力が詰まってて良いですね。
でも、ジオン好きな私は素直にガンダム作るの嫌なので
頭をガンタンクにしちゃったりするわけです。
これはこれで可愛らしい。
そして、自分だけのカスタムMSを持ち寄って遊ぶ。
これはもう、童心に返らざるを得ない。
この遊ばせ方はオモチャのバンダイらしくて大好きです。

と、まぁゲーム三昧の幸せな日々に浸っております。

そんなこんなで、何の本を紹介しようかと相成るわけですが、
チョイと、スッキリしていない紹介があったので、
そっちを先に済ませてしまおうと思う。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
皇国の守護者〈2〉 勝利なき名誉

著者:佐藤 大輔
出版社:中央公論社


先日1巻を紹介したけれど、途中で終わってしまうので
ここまで読みきってもらわないとスッキリしないだろう。
内容は1巻の顛末と、これから続く話の布石。

1巻と比べてアッサリした内容だけれど、
戦場とはまた違った緊張感、
ゆっくりと、ほんとうにゆっくりと張り詰めていく緊張の糸。

緊迫した状況の演出として
静かに積みあがっていく不穏な感じが
たまらなく、物語の次へと続く期待感を煽る。
面白さが加速を始める。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

拍手

ちょいと過去に読んだ安定して面白い本の紹介を続けてしまったので
比較的新しく出版された本を紹介しようと思う。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
間抜けの構造

著者:ビートたけし
出版社:新潮新書


日本独特の感覚である”間”についての
主にビートたけしとしての視点からの話。

”間”を大事にする感覚は、日本人独自の物がある。
しかしながら間を大事にする事は過剰に空気を読む行為に他ならず
何かを生み出す能力が どうしても弱くなる。
これは日本が抱えている短所といえる。

新しい物を作るには、一度何かを壊さないといけないが
間を大事にした結果、思い切ったイノベーションが出来なくなる。

この指摘された箇所は、
クリエイターの末席に置かせていただいている身として
突き刺さる。突き刺さる。

私も、新しい物をなかなか壊せない部類だと思うので
心にとどめておこうと思う。


間に注意して、、、いや、注視して物事を見ると
今まで自分にとって薄かった点が見えてきて 面白い。

また、間のいい人・悪い人を ちょっと気にしてテレビを見る
ちょっと今までとは違った楽しみ方も(笑)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

拍手

1 2 3 4 5  →Next
Pixiv投稿イラスト
プロフィール
HN:
芹沢人参
性別:
男性
自己紹介:
ゲーム会社所属。
開発のひと段落した時に気ままに楽描きしております。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新CM
最新記事
(10/07)
(09/05)
(07/17)
(07/09)
(06/25)
最新TB
バーコード
最古記事
P R