忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予告していた通りに本を紹介するのだけれど、
はじめに断っておきますが
本に対しての批評などではなくて、本の紹介。

基本的に私が購入して読み、そして面白い内容だった本を面白かった、と言う。
なので、内容を読みもせずに書いていない、という程度は
信用していただければと思う。

これを読んで、私が”面白い!”、”感動した!”と思った気持ちが伝わったりすれば
私としてはそれで十全。

では前置きはこの辺で。
私が読了した中でオススメする本を紹介していこうと思う。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
虐殺器官

著者:
出版社:早川書房

まずは表題をみてビックリする人もいるかと思う。
ジャンルはSF。
SFってあまり触れる機会が少ないんじゃないだろうか。と思って
1冊目にこれを紹介しようと思った。

読み終えての感想は、、、「何ぞコレ!?、、、何ぞ!?」かな。
殆ど一晩で読み終えてしまった。(そしてすぐに2週目に入った。)

正直、こんな化け物みたいな才能を持っていた人が
日本に居たことが驚きで
この稀有な才能が永遠に失われてしまったことに
身も捩るほどの言葉では表せない悲しみを感じた。
それほどの作品である。



内容を掻い摘んで書いておく。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃。
あらゆるものがIDで管理され、誰がどこで何をしたのかまで管理される世界。
なんとなく、世界観を想像しやすくありませんか?

現在の時間軸をチョット先まで延ばしてみた、そんな近未来でのお話。
現実にあるモノを作中に混ぜ込まれることで生じる
フィクションでのリアリティが凄くイイ。
想像しやすく、物語にのめり込みやすい。


後進諸国で内戦や大規模虐殺が急激に増加する事態が発生し
アメリカ情報軍所属の主人公は、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男を追う。
主人公は謎の男を捕まえることはできるのか? 暗躍する彼の目的とは?

謎に迫り、足跡を追う。
それによって追う側に生じる影響。
物語がどんどん加速していき、最終的に表題に迫っていく。

、、、大量虐殺を誘発する”虐殺器官”とは何か?
そして、虐殺器官が何かを理解した主人公が取る行動は?



また、IDで管理された世界、という辺りからメタルギアソリッドを連想しないだろうか?
(著者が小島秀夫監督のファンだという事については割愛させて頂く。)
なので、メタルギアソリッド大好きな人には すぐ入り込める世界観だと思う。
「メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」の小説も書かれているので
そちらから文章の読み味を確認してもらっても良いかもしれない。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

、、、長々と稚拙な文章で申し訳ない。

拍手

PR
Clouds01_s.jpg










以前に描いたものが出てきたのですが、
今だったらもうちょっとこうしたいなー、とか思いながら加筆。
使用時間3時間、、、かかってない。楽描き。
アナログ風にするのが、個人的に写真ぽく無くて今は好きかも。
以前は、写真模写みたいなのが好みだったけれど
アナログ風にした方が写真と差別化できてる気がする。
味がある、って言えばいいのかな?
とはいえ、コレはちょっと雑すぎるか。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

やれブログ更新どうなってる?などと、知人との会話で、
ライフサイクルの話になり、
「そういえば、本を結構読んでるじゃん?
その中でオススメのモノがあったらブログに書くとかどうよ?
というか、面白い本を教えれ。」
みたいな話をした。

たしかに、仕事の合間に絵を描くのでラフ以外絵を描いていないから
読んで面白かった本を紹介してもいいかもしれない。

と思って、いざ紹介しようと思うと アレもコレもと悩ましい。
そして読み返していたらゴールデンウィーク終わってしまったという顛末。

んー、、、難しく考えなくても良いかな。
最近読んだ本を簡単に紹介するようにしようか。
ブログも定期的に更新できないのに、
ツイッターとかに手を出すのはまだ早い気がする(笑)。
まずは定期的な更新癖をライフサイクルに組み込むところから
チャレンジしていこうと思う。

更新癖がつくまで暫く、投稿する曜日も決めてしまおう。
この投稿が火曜日なので、毎週火曜日。

拍手

絵の練習中。

 

雲を描くのは慣れてきたのですが、崖、、、難しい。
もう少し距離感を出したい。 というか空間の表現をしたい。
勉強不足だなぁ。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

そういえば、起動しなくなって久しいPS2を引き取ってもらえることになり、
せっせと機動確認してパーツ交換、メモリーカード買い足しなどしました。

引き取っていただく方は某神社で巫女さんをされているそうなのですが、、、
私の持っているソフトってペルソナ4とかデビルサマナーとかなんで大丈夫だろうか。
と要らぬ心配をしたりして。大丈夫ですよね、神社ですもの。

・・・でもコッソリと塊魂などのライトユーザー向けオススメラインナップを
何点か買い足しておきました(笑)
ゲーム楽しんでもらえるといいなぁ。

拍手

あけました、おめでとうございます。
昨年からの忙しさを引きずってますが、私は元気です。

今年の描き初め。ポケモンのホウオウ。
あ、今年の干支じゃないっ

houoh01.jpg





















奥の雲を鳥の形にしてるんだけれど、ワカラナイなぁ(笑)

拍手


かなり長い間お世話になって、一緒にお仕事をして、
助けてもらっていた会社の先輩がこの度退職された。

ずっと居てくれると思っていた(安心していた?)方だったので
ビックリして、送り出すのもバタバタしてしまった。

以前一緒にしたお仕事で、
ハードで使用できる色数の限界で完全に再現できなかったから
”先輩が描いた世界を完全に実記で再現する”
これがここ数年の私の目標というか夢になっていた。
近く、今のプロジェクトが終わればすぐにでもその機会があるだろうと思っていましたが・・・

いつか、いつか、と願っていた夢も叶わぬままになってしまった。
”いつか”ってのはそうそう来ないものなんですね。


嗚呼、仕事で関わるということは
基本的に一期一会なんだな。
改めて、何か心が感じた。



無念・・・というよりは未練なのかな。
過去の自分の未熟を、これほど腹立たしく思ったことは無い。
人との別れで人生で初めて、夜に枕を濡らした。

今まで安心して見上げていた背中はすぐに見える場所から遠くへ行ってしまったけれど、
いつかはあの背中に追い着けるくらいになりたい。
二度と、この未練を墓へ持っていかねばならなくならないように。

拍手

Prev1 2 3 4 5  →Next
Pixiv投稿イラスト
プロフィール
HN:
芹沢人参
性別:
男性
自己紹介:
ゲーム会社所属。
開発のひと段落した時に気ままに楽描きしております。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
最新記事
(10/07)
(09/05)
(07/17)
(07/09)
(06/25)
最新TB
バーコード
最古記事
P R